賢い子の家庭学習とは?幼児のころからの学習法とは?

 

わが子を賢い子供にする方法を知りたい!

 

親ならだれでもそう思います!

 

賢い子に育てるか、子供をつぶすかは、家庭環境にありました。

 

賢い子の親は幼児の頃からどのような家庭学習を
させてきたのでしょうか。

 

また、親が子供の才能をつぶすやってはいけない事もわかりました。

 

 

 

賢い子はこうやって作られる!

 

東大生や医学生を何人も知っています。

 

その母親に聞くと誰でも

 

「勉強しなさい」

 

と言ったことがないのです。

 

「遺伝子がいいからでしょ」

 

という声が聞こえそうですが、それだけではありません。

 

たとえ最高の遺伝子を持っていたとしても、
それを生かさなければ才能は伸びません。

 

「勉強しなさい」

 

と言わなくても勉強して成績がいいなんて、理想ですよね。

 

親は苦労しません。

 

賢い子供は
「勉強しなさい」

 

と言わなくても勉強する理由、それは勉強が楽しいからなのです。

 

「勉強しなさい」と言ったことがないってホント?

 

「勉強しなさい」と言われる子は、勉強しなくて成績が悪いから。

 

言われない子は言われなくてもしていて成績がいいから親は
「勉強しなさい」と言う必要がありません。

 

 

成績のいい賢い子は、
勉強を苦とも思わず、家庭でも進んで学習するのです。

 

「勉強しなさい」と言われてしぶしぶ勉強するような子は、
親に怒られるから仕方なく勉強しています。

 

そのような姿勢では、勉強を嫌いになり、勉強しても
身につかず成績も上がりません。

 

 

賢い子は勉強が好きな理由

 

賢い子は勉強が好きなため、家庭でもどんどん学習しています。

 

よって、成績も上がる・・

 

良い連鎖ですね。

 

しかし、成績のいい賢い子たちは、勉強を強要されていません。

 

彼らにとって勉強とは

 

勉強=知識を得ること
勉強=知らないことがわかって楽しいこと

 

なのです。

 

どんどん勉強すれば、それだけ知らないことを知ることができて
楽しい、という繰り返しなのです。

 

 

わが子を賢い子にするには?

 

賢い子の作り方は、幼児期から始まります。

 

家庭での環境がカギとなります。

 

それは、子供にいろいろな体験をさせ、
知的好奇心を育てることです。

 

体験することで「なぜ?どうして?」ということがおこり、
それを調べ解決して納得する。

 

それは勉強と同じ工程です。

 

「面白そう」と思えば、どんどん深堀して夢中になります。

 

そのような興味や関心の対象は、様々な体験から生まれるのです。

 

ゲームばかりさせていては生まれません。

 

 

賢い子の家庭はこうしてる!

 

子供の知的好奇心を育てること、
そのためには親の意識の高さが重要です。

 

とはいえ、難しいことではありません。

 

アナログな遊びをさせる、いろいろなところへ連れていく、
一緒に物を作るなど、工夫次第でいくらでもありますね。

 

子供が興味があることがあれば、
それに沿ってあげることもいいですね。

 

たとえば、電車が好きであれば鉄道博物館へ行く、
ゲームが好きであればゲーム作りの教室に行く、
サッカーが好きならサッカーの試合で本物を見せる、
実体験させることで、子供はいろいろ考えます。

 

実体験することで考え、考えることが賢い子供を作ります。