初めての勉強子供はいつから?どうやって?

 

初めてのお勉強、子供にいつから?

 

机に向かう習慣はどう付けたらいい?

 

どうやっておしえたらいいでしょう。

 

将来子供が勉強を好きになるように、
または小学校入学に備えて
家庭でできる勉強をご紹介します。

 

 

 

初めての勉強は子供が何歳から始めるべき?

 

遊びから勉強へ。

 

遊びながらできる知育玩具で楽しむのも結構ですが、
年齢が進んできたら机に向かう習慣を
つける必要も出てきます。

 

鉛筆の正しい持ち方や、読み書きする際の姿勢など
家庭でできる指導をあらかじめ進めておくと、
入学後もスムーズに勉強できますね。

 

初めての勉強習慣は子供にいつから?

 

勉強習慣のつけさせ方で悩んでいる親は多いですね。

 

幼児教室でも学習中心のものもあり、通信教育でも
幼児対象のものも多数あります。

 

年齢が上がるにつれ、初めての頃より勉強の内容も
徐々にレベルが上がります。

 

まず、線を引く練習から、角ばった線を引く、丸を書く、など
徐々にひらがなにつなげていくという工夫がされています。

 

好奇心の強い子供や、褒められて嬉しくなる子供は
年齢別の教材を超えてどんどん進むことも珍しくありません。

 

 

 

初めての子供の勉強は親が責任重大なんです!

 

勉強は幼稚園に入ってから徐々に進めておくと
小学校に入ってからスムーズです。

 

しかし、親のやり方次第で、勉強嫌いになることも!

 

それは、親が夢中になるあまり、過度に勉強を強制すること。

 

子供は勉強を真剣なものとして理解していません。

 

子供にとって勉強は遊びや生活の一部でしかなく、
特別なものではありません。

 

それを、親が勉強は特別なものとしてとらえ、強制的にやらせると、
勉強嫌いになってしまいます。

 

まず、勉強は楽しいもの、として認識させることが、
その先に大きな差が出ます。

 

 

初めての勉強の進め方とは?

 

具体的に始めて子供が勉強する際の進め方をご説明します。

 

最近は初めてのお勉強シリーズのテキストがたくさん売られています。

 

その中で、シールがついていたり、色がカラフルなもの、
イラストが適宜入っているものが子供が喜んでくれます。

 

「鉛筆で書いてみようか?」

 

「このお絵かき、楽しそうだよ、やってみる?」

 

などと声をかけ、子供が興味を持ったら始めること、です。

 

初めてのお勉強は子供にとって遊び?

 

あくまで小学校入学前は勉強そのものより、勉強習慣をつけること、
勉強は楽しいものと意識づけることが大事です。

 

そのためにも、あまり難しいものをやらせたり、嫌がるのを
無理強いさせると机に向かうことを拒否してしまいます。

 

過剰にほめたり、嫌がるときはやめるといった、
親が注意して進めることがスムーズに勉強を続けるコツです。

 

 

最初は2−3分でもいいのです。
少しづつ時間を伸ばしてのんびり調整する、親もカリカリしないことです。