幼児に英語教育は不要でしょうか?

 

幼児に英語教育は必要?不要?

 

自分の子どもに英語を学ばせたいと思う
親が多いです。

 

その理由は、自分はもう間に合わないかも
しれないけれど、子どもには幼児のうちから
英語教育を受けさせ、英語に慣れ親しんで
国際人になってもらいたいという願いが
込められているように思います。

 

しかし、果たして
幼児のうちから英語教育は必要でしょうか?

 

不要でしょうか?

 

その理由をご説明します。

 

幼児に英語教育は必要か?不要か?

 

日本という島国に住んでいれば、
英語を必要としないまま一生を終える人も、
とても大勢います。

 

しかし、英語教育を受け英語を話せたほうが
色々な道が開ける確率は
どんどん高くなってくることは確実です。

 

逆に言うと、
英語教育が曖昧で英語ができないことが、
子供の未来を狭める要因に
なってくる可能性もあるということになります。

 

 

幼児からの英語教育は国際人を作らない現実とは?

 

英語教育を受け、英語ができれば
世界は限りなく広がります。

 

親は、英語が話せる国際人になってほしいと
願って英語教育を受けさせます。

 

しかし、英語ができるイコール国際人には
なれないのです。

 

国際人とは、

 

  • 自分の意見が言えること、
  • 人の意見を聞けること
  • そして議論ができること。

 

狭い日本の社会だけでなく、
世界中の出来事に関心を持ち、情報を収集し、
多様な意見を受け入れる能力、などなど。

 

つまり、
英語力というのはその中の1つにしか
すぎないということです。

 

 

幼児期の英語学習は不要論

 

「今でしょ」で有名な林先生は
テレビ「初耳学」で断言しています。

 

『幼児教育は英語よりも思考力を伸ばすべき』

 

『「英語の早期教育は時間の無駄
今すぐやめさせてください』

 

『幼児期という限られた時間の中で、
英語教育の優先順位は低い』

 

『本人のスペックを高くしておけば、
英語はすぐにできるようになります』

 

『もっとも必要な幼児教育は、
やり抜く力を育むこと』

 

『お金をかけるなら、大学受験に向けてではなく、
0歳〜10歳のときにやり抜く力を育む幼児教育を。』

 


つまり、
幼児の頃からの英語教育は不要。

 

その時間とお金は無駄である。

 

幼児期に必要な勉強とは
やり抜く力をはぐくむこと。

 

 

 

 

幼児期の英語教育は不要だった!?

 

すでにお子さんに英語教育を受けさせている
親御さんは幼児に英語教育不要論は
ショックだったと思います。

 

幼児のころからの英語教育、
週1回の英語学校に通わせるお金。

 

結構な金額になると思います。

 

そのお金はためておいて、子どもが大きくなって
本人が本気で英語を勉強する気になってから、
ガッツリとまとめて留学資金として使うほうが
賢いお金と時間の使い方だと思います。