子供の勉強で読み書きの簡単な教え方!!

 

子供が小学校入学前に
読み書きを勉強しておくことは必要です!

 

子供が入学後に勉強で困らないためでなく、
読み書きができていないと
こんな可愛そうなことに!

 

高い教材を買わずに簡単にできる
読み書きの覚え方をご説明します。

 

幼児に読み書きの勉強は必要?

 

「読み書きは学校に入れば教えてもらえるのだから
先生に任せておけばいい」

 

と思っていると、
入学後に子供が可哀そうなことになります。

 

それは、最近の公立小学校でも
入学時にはすでにひらがなの
読み書きができる子供がほとんどなのです。

 

皆さん、高額な教材を購入したり
塾や幼児教室など、
夢中で早期教育をしています。

 

 

 

読み書きができないと小学校で可哀そうなこととは?

 

小学校では、幼稚園と違い自分のことは
自分でする場面がぐんと多くなります。

 

幼稚園よりもクラスメートが増えることも
多いため、持ち物の管理が必要となります。

 

つまり、自分の名前が読めない、書けないと
その日から困るのです。

 

想像してみてください。
周りの友達がみんな自分の名前を
書いているのに自分だけ書けない、
自分の名前が読めないためにロッカーがわからず、
右往左往して、先生に助けられる。

 

 

自分だけできない!
恥ずかしい思いをすることでしょう。
それは、子供の心に大きなマイナスとなります。

 

自信が無くなり、友達を作ることにも
消極的になったり、勉強自体がイヤになってしまいます。

 

 

 

子供が勉強で読み書きが大切な訳とは?

 

ひらがなが読めるだけで、
小学校に入学直後に子供は
新しい教科書をもらい嬉しくて
一人でどんどん読みます。

 

勉強という意識は薄く、好奇心が先に立つのです。

 

読み書きができる子は、宿題が出ても
自分でどんどん進めます。

 

しかし、読めない子供はどうでしょう。

 

当然進度も遅く、いちいち親が手伝ってあげないと
一人では全くできません。

 

簡単に子供が読み書きできる方法とは?

 

小学校に入ってから読み書きの勉強を始めるのでは
遅すぎます!

 

幼児の頃から保護者が読み聞かせの習慣があれば
子供は本に興味を持ち、好きな絵本が出てきます。

 

好きな絵本を何度も読んでもらううちに
子供は字を覚えてしまうのです。

 

読み書きの読む、の部分はこの方法で
簡単にマスターできます!

 

 

子供は勉強と思わない!?

 

読み書きの書く、練習はどうしたらいいでしょう。

 

子供はお絵かきが好きですね。

 

文字を書くということは、子供にとって勉強ではなく
お絵かきの延長なのです。

 

高い塾に行かせなくても安くて良い教材は
書店にいくらでもあります。

 

もちろんAMAZONでも。

 

書く練習のテキストはどれも

 

線を引く練習

丸を書く練習

角を書く練習

 

 

といった具合に、徐々に文字に
つなげていく方式になっていて
大変わかりやすく楽しみながら
できるようになっています。

 

で、出来たら思い切りほめてあげる。

 

オーバーなくらい
思い切りほめてあげることが重要です。

 

 

 

子供に勉強は必要?まずは読み書きから

 

子供が入学直後から困らないように
幼稚園児の頃からひらがなは
マスターしておくこと。

 

読めるようになるには、読み聞かせをしてあげること。

 

書けるようになるには、思い切りほめてあげること。

 

 

たったこれだけで、ひらがなはマスターできるのです。

 

読み書きができると子供の小学校生活は
ぐんと楽しいものになること間違いありません。