子供の勉強は何歳から始めるのが最適?

 

小学校に入学前の子供に勉強は何歳から
スタートするのがいいでしょうか?

 

そして、勉強はなにから始めたらいいでしょうか?

 

失敗しない後悔しない子育てのために、
親は正しい知識をもって
子供に勉強をスタートさせましょう!

 

 

入学前の子供に必要な勉強とは?

 

入学前に子供に必須な勉強とは
何でしょうか。

 

読み書きですか?
算数ですか?
それとも英会話?

 

教材や塾、習い事はたくさんあって
選択に悩みますね。

 

 

しかし、子供に本当に大切な勉強とは・・

 

 

それは
子供が社会に出てから困らないことを
教えること
です!

 

 

小学校は子供の小さい社会デビュー?

 

幼稚園と違い、小学校では
自分のことは自分でする場面が多くなります。

 

また、机に座る時間がほとんどとなり
先生の話に耳を傾ける姿勢がないと
クラスに迷惑をかけることにつながります。

 

 

子供が小学校に入ってからすぐにできるように、
ご家庭で教えておくことが必要です。

 

それは、その後の学力の伸びにも
必ず影響してくるものです。

 

 

子供に必要な勉強は何歳から?

 

机の上での勉強よりも重要なポイントがあります。

 

それは何歳から?とこだわることなく、
生まれた時から、と言っても過言ではありません。

 

 

机の上での勉強よりも大切な勉強とは

 

・・それはしつけです。

 

しつけの中でも重要なことは

 

やっていいこと、いけないことの区別

 

 

やっていいことと悪いことはがわかれば

 

・人に迷惑をかけない
・考える力
・礼儀
・思いやり
・洞察力
・想像力

 

など、大人になっても必要な事が
理解し身につきます。

 

 

これは気をつけて!子供をダメにする勉強とは?

 

早期教育、幼児教育という言葉や
教材、教室の宣伝文句に踊らされ
幼児教室や塾などを
夢中ではしごする保護者がいます。

 

「子供のために!」
と一生懸命な気持ちはよく理解できます。

 

しかし、子供の気持ちを考えていますか?

 

子供はイヤイヤ行っていませんか?

 

嫌なものを無理にさせても、全く身につきません。

 

それどころか、親の顔色を見る子供になったり、
親の前ではいい子どもだけれど、
裏で悪いことをする子供になります。

 

ストレスがたまり、それを友達をいじめたり、
隠れて悪いことをしたりする子供になります。

 

「うちの子にかぎって‥」

 

と、古代から親はみーんな思っています。

 

 

子供に勉強は何歳から?まとめ

子供に勉強は何歳から教えるべき?と悩む前に、
子供に必要な勉強は学問ではなく、
しつけです。

 

無理に勉強させては勉強嫌いになることも。

 

子供が進んでやっているか、
子供が嫌がっていないか、

 

子供の様子をよくみながら進めいくことが親の責任です。

 

「子供のため」と思うことをもう一度振り返ってみましょう。