幼児に読書の習慣をつけさせる方法はこれ!

 

幼児期に読書習慣をつければ、
学童期になってもずっと読書習慣は
なくなりません。

 

幼児期に読書習慣がつけられるか否かは
親次第です。

 

親は責任重大ですね。

 

幼児期に読書習慣がつき
読書の面白さ知ってしまえば
後は一人でどんどん読書をするようになります。

 

ここでは、幼児期にこそつけるべき
読書習慣の方法を解説します。

 

 

手遅れになる前に!読書習慣は幼児期につけるべき!?

 

小学生のお子さんを持つお母様からの相談です。

 

「うちの子、ゲームばかりで、

全然読書をしません。

 

読解力が無いので作文も書けなくて
宿題はいつも苦労します。

 

本を読むようにするには
どうしたらいいでしょう」

 

 

読解力は、小学校の学習で不可欠です。

 

国語以外の教科でも読解力が無い、
読書の習慣がないお子さんは
非常に成績で苦労します。

 

できれば幼児期から読書習慣をつけておくべきでした。

 

 

幼児期の読書習慣がその後の成績に・・

 

読書をすることで

 

  • 読解力
  • 記憶力
  • 想像力
  • 作文力
  • 知識
  • 集中力
  • 語彙

 

と、様々な効果があります。

 

しかし、幼児期から

 

「読書は楽しいもの」

 

と読書習慣をつけておかないと
就学後、学年が上がれば上がるほど
読書習慣はつきにくいものとなります。

 

 

 

読書習慣のつけ方は○○〇が最も簡単!

 

学年があがるにつれて読書習慣はつきにくくなります。

 

理由は

  • 自我が出てきて親の言うことをきかなくなる
  • ゲームやLINEやアニメなど興味あるものが増える

 

したがって、
子どもに読書習慣をつけたい場合は
幼児期が一番簡単なのです。

 

 

読書習慣をつけるにに幼児期が簡単な理由とは

 

読書というと、文字で読むことを連想しますが、
読み聞かせや、絵本の絵を見るだけでも
立派な読書
なのです。

 

特に、読み聞かせ。

 

寝る前の布団でのお母さんの読み聞かせは
子どもにとって至福の時間です。

 

お母さんの優しい声が自分だけのために
面白いお話を聞かせてくれる。

 

そこに興味深い絵も描いてある。

 

お母さんの読み聞かせとは
子どもが本を好きになる大切な入り口です。

 

 

幼児の読書習慣は自然につく?

 

  • 本には面白いことが書いてある
  • 本には知らなくて面白いことが書いてある
  • 本にはワクワクすることが書いてある

 

毎晩の読み聞かせで
幼児はすっかり本が好きになります。

 

日中も、本が目につけば自分で手に取るようになります。

 

字が読めるようになれば、進んで読みます。

 

 

このようにして
親は全く苦労することなく
幼児に読書習慣はつくのです。

 

幼児期についた読書習慣はそのまま学童期になっても
大人になっても保たれたまま。

 

途中本から離れる時期があっても
すでに読解力があるため、
突然文章を読む必要性が出てきても
読書習慣が無かった子より、
理解力ははるかに違ってきます。

 

 

幼児読書習慣 まとめ

 

幼児の読書習慣は、親の責任です。

 

読書は楽しむもの。

 

「幼児期に読書習慣をつけなくちゃ」

 

と力を入れずに
子どもと一緒に読んで楽しめばいいのです。

 

そうすれば、自然と子どもに読書習慣はつきます。