子供英語好きにさせる簡単な方法とは?

 

子供にお金をかけずに英語好きにさせてしまう
簡単な方法があります!

 

子供を英語好きにしたい!と思っても
かけられる教育費はなるべく節約したいもの
ですよね。

 

高額な教材を買ったり、英語教室に通わせなくても
できる、子どもを英語好きにさせてしまう方法
解説します。

 

 

英語好きな子供にするためには

2020年より小学校で英語が教科となり、
保護者は子供の英語教育に右往左往。

 

その反面、現実の中高校生は
どうして英語嫌いの子供が多いのでしょう?

 

まず、子どもを英語好きにさせる前に、
どうして英語嫌いになってしまうか、を
考えましょう。

 

 

英語ができれば
英語が話せると色々な国の人と友達になれ、
海外旅行も一人で気ままにでき、
人生の広がりや深さははるかに違ってきます。

 

そして
これからのグローバル社会で働くためには
英語は必須です。

 

 

英語が嫌いになる原因はこれだ!

 

中高校生は英語が嫌いな生徒が多くて
大変残念などころか、このままでは
将来が狭められる危機感を感じます。

 

親が子供を英語好きにさせようと思っていても
英語が苦手な中高校生は

 

英語=勉強

 

と思っています。

 

大人の世代もそうではありませんか?

 

英語を嫌いにならないためには、まずは
英語は言語であり、成績のために勉強する、という
考えは捨てるべきです。

 

英語は日本語と同じように、コミュニケーションを取るための
ものなのに、良い点数を取るために勉強をして
挙句ろくに会話もできないまま大人になっている・・

 

 

日本人ばかりが英語が話せないワケ

 

海外旅行、日本人は団体ツアーがほとんどです。

 

それは日本人は英語が話せないから。

 

ツアー旅行なんて、
欧米では高齢者のためのものです。

 

国内旅行でも、ツアーは退屈ですよね?

 

英語ができれば自由に好きなところに行けて
しまうのです。

 

長年勉強してきたのに、英語ができない残念な日本人。

 

日本人が英語が苦手なのは
日本の英語教育に問題があったのです。

 

 

子供を英語が苦手な残念な大人にしないためには?

 

日本の学校の英語教育は
読み書きを重視し、つまらない文法を重視し、
会話をろくに教えないものでした。

 

現在ではALTが採用され
生の英語の発音をきけることもでき、
会話の勉強もしているようなので
ずいぶんと見直されたものだと思います。

 

 

しかし、これだけでは英語好きにはなりません。

 

普段学校以外で使う機会もない英語は

 

「勉強させられている」

 

という意識となり、英語が嫌いになるのです。

 

 

簡単!子供が英語が好きになる方法とは?

 

「勉強させられている」
「英語=勉強」

 

これは英語を嫌いになる入り口です。

 

そうではなく、経験をさせ喜び興味を持たせること。

 

英語を経験させるだけでは足りません。

 

一番早いのは
英語を話す外国人の友達を作ること、です。

 

 

子どもが英語を好きになるお勧めの方法

 

英語を話す外国人の友達を作る

 

小学生で英検準1級を取ったT君。

 

お母さんもお父さんも英語話せません。

 

 

彼は幼稚園の時からパソコンを使い
イギリス人の友達を作り、
毎週金曜日の夜7時から30分、スカイプで
話をしていました。

 

お互い、サッカーとアニメが好きだという共通点から、
友達ともっと話したいために
自分が話したいことを事前に決めて
辞書で調べたり知らず知らず夢中で
英語をマスターしてしまったのです。

 

 

友達を作るサイトは検索すればいくつも出てきます。

 

是非、同世代の友達を作って
見知らぬ外国に興味を持ち、
言葉が違っても友達になれる喜びを
味わえば、必ず英語が好きな子供となります。