早期に英語教育を失敗しないポイント あなたの子は大丈夫?

子供のためにと早期からの英語教育は
間違った方法で行うと、我が子を最悪の方向に!

 

早期英語教育を間違った方法で行い、
母国語と外国語の両方のレベルが低くなってしまう
”ダブルリミテッド”

 

”ダブルリミテッド”に陥たないための
ポイントを解説します。

 

 

◎早期英語教育、失敗例したくない!

 

小学校では2020年から英語が必修化となり、
ほかの教科と同様に成績がつくようになることから、

 

「早く英語教育をさせなければ」
と真剣に考えている保護者が増えています。

 

 

しかし頑張って早期英語教育のために、
時間と料力、お金もかけたのに
失敗した例も多々
あることも事実。

 

しかし、英語教育は他の習い事と違い、

 

「嫌だからやめる」
「苦手だからやらない」

 

というわけにはいきません。

 

 

早期英語教育を失敗しないためには?

 

どうすれば早期教育でスムーズに
英語が身につけられるのか
失敗例を知ってどうすれば
そのポイントをお伝えします。

 

 

失敗しない早期英語教育とは何歳から?

 

英語教育は何歳から始めたらいいでしょう。
どのように始めたらスムーズにいくのでしょう。

 

そのためには、なぜ英語を身につけてほしいか、
目的によって教育方法は変わってきます。

 

  • 何となく、周りが習い始めたから
  • バイリンガルなほど上達してほしい
  • 受験勉強のため

 

これでは、全く目的が違いますよね。

 

 

失敗した我が家の息子の場合

 

恥ずかしながら、失敗した早期英語教育、
わが家の例です。

 

息子の場合、
”何となく、周りが習い始めたから”でした。

 

もちろん理想は
”バイリンガルなほど上達してほしい”です。

 

しかし、
「日本にいながらバイリンガルは無理でしょ」
と、思いました。

 

 

そして、周りのお友達も英語教室に通い始めたため
英語の音に慣れるためにも英語教室に入れました。

 

 

失敗してわかった早期英語教育

 

中途半端な早期英語教育は失敗のもと。
お金と時間の無駄

 

息子の入った英語教室は
大手学習塾が経営する週一回の幼児クラス。

 

3歳でした。

 

バイリンガルのイギリス人のと、
日本人のおば様が講師のクラスでした。

 

 

講師が英語で話されても、子供たちは?という顔をすると
結局日本人のおば様が日本語でサポートするため
子どもたちは日本語で理解するのです。

 

絵カードを見せられて英語で発音されても
絵を理解してそれが英語の音声と合致しているかは
不明です。

 

英語の歌でお遊戯しても動きを真似ているだけで
英語が結びついているか、???

 

その教室で覚えた簡単な単語も、
すぐに忘れてしまうし、
通えば通うほど、「なんだかなあ」
という思いが膨らみ、結局半年で辞めました。

 

 

「英語教室に通っているうちに英語が好きになり
大きくなって留学しました」

 

なんて、残念ながら聞いたことがありません。

 

 

早期英語教育は英語嫌いの子供になってしまう!?

 

失敗してわかったことは・・

 

無理に早期英語教育をすると、
かえって英語を嫌いになってしまうことも。

 

親が一生懸命でも、
子供にやる気がなければ何も身につかない!

 

やらされている、嫌だけどしょうがない、という意識では
英語を嫌いになるだけです。

 

それなら、やらないほうがましです。

 

なにより、お子さんが嫌がらない方法が肝心ですね。

 

 

早期英語教育を失敗しないためにはまとめ

 

中途半端な意識での早期からの英語教育は
時間とお金の無駄です。

 

無理強いするあまり、お子さんが英語嫌いにならないように
お子さんの意思を大事にしてあげてください。