失敗しない!子供の教育はどうすればいい?

 

子育てを失敗したくない!

 

そのために子供の教育はどうすれば最善なのか?

 

親は悩みます。

 

 

親としては最善を尽くして子育てをしてきたつもりが、
大人になった子供に聞くと「○○してほしくなかった」と言われ
ショックを受けました。

 

子育てに失敗も成功もないとは言いますが、
教育に関してもそれは言えるでしょうか。

 

親の立場と子供の心が違う場合もあるかもしれません。

 

しかし、親は大人目線でその経験から
子供に最善の教育を施そうと思うのは当然のこと。

 

 

子供の教育失敗と成功の違いとは?

 

これからの社会はAI化がますます進み、
親世代にも予想のつかない社会が到来すると騒がれています。

 

高学歴であっても仕事がなくなる、
仕事をAIに奪われ働く場がどんどん減少する、
格差がますます開く・・

 

そんな未来に、子供の教育はどうしたらいいのか。

 

子供をどうやって育てて行ったらいいのか、悩むところです。

 

 

 

子供の教育失敗とは?

 

「子供の教育に失敗した」とはどういうことを指すのでしょうか。

 

「有名大学に入れなかった」
「反抗期で親の言うことをきかない」
「習い事が続かない」
「成績が悪い」

 

などなど、失敗の価値観は人それぞれですね。

 

 

・有名大学に入れなくても
自分のやりたい道に進んでいる人はたくさんいます。

 

・反抗期は誰でも通り過ぎる道です。

 

・習い事はイヤなら合わない事なので辞めればいいのです。

 

・成績が悪いからと親が騒いでも子供は勉強しません。

 

・・こう言えるのは、子育てが無事?終えたからからかもしれません。

 

子育て中は

 

「少しでもいい学校を卒業すれば選択肢が増えて
いい職業に就ける。

 

いい職業に就けば子供は幸せになれる」

 

 

「英語をマスターすれば国際人として活躍できる」

 

と思っていました。

 

子育て中のあなたも少なからずそうではありませんか?

 

 

 

失敗の価値観とは?

 

成功も失敗もその基準は人それぞれです。

 

自分が失敗した、と思っていても、
人から見ると失敗ではなかったり、
自分が聖子だと思っても人からすれば成功とは言えなかったり。

 

つまり、成功も失敗もあなたの心次第なのです。

 

「しあわせは あなたの心の中にある」あいだみつを

 

 

子供の教育に失敗ってどういうこと?

 

子供の教育に失敗したと悩んでいる場合。

 

失敗には許容できる失敗とできない失敗があります。

 

許容できない失敗とは何か、考えてみてください。

 

それは、取り返しがしにくい失敗です。

 

たとえば、他人に重大な迷惑をかけてしまった、
命に関わる失敗、犯罪。

 

このような、重大な失敗はしてほしくないですよね、絶対に。

 

そう思えば、多少の失敗では

 

「なんだ、このくらいのことか」

 

と、思うことができます。

 

親は、子供の失敗におろおろすることなく、
そこから立ち直らせることのほうが重要な責任です。

 

子供が失敗して落ち込んでいるときこそ親の出番です。

 

切り替えて次のステージに進み、人生にはいろいろな選択肢がある、
未知の世界はいくらでも広がっていることを教えてあげてください。