3歳児のしつけのコツはこれ!これさえやっておけば大丈夫!

 

3歳児ともなると、自我が強くなり、運動量も増え、
しつけは一層難しくなります。

 

乳幼児を持つパパやママのお悩みは
3歳児に関してがぐんと増えます。

 

つい怒鳴ってしまったり、かと言ってわがままを
放置させるのは問題だし・・

 

3歳児のしつけのお悩みと、しつけのコツをお知らせします!

 

 

3歳児のしつけはコツを知らないと解決できない!

 

3歳児は心身ともに大きく成長する時期です。

 

自我が強くなり、嫌々をする場面が増え、
親を困らせます。

 

そんな3歳児に対して、ただ叱るだけでは良いしつけとは
言えません。

 

コツを知って3歳児の上手なしつけ方をしましょう。

 

それには、まず平均的な3歳児の特徴を知ることが大切です。

 

(うちの子は平均に達してないわ、と悩むのは間違いです。
多少の個人差はありますので)

 

 

3歳児の特徴を知ることがしつけのコツ?

 

  • 言語が発達する
  • 身体能力が著しく発達する
  • 自我が芽生える

 

 

言語が発達する

3歳児は今まで単語だけだった言葉が、
文章として話せるようになります。

 

言葉で自分の意思を伝えようとしてくるため、
コミュニケーションが上手になる時期です。

 

そして、この時期はどんどん語彙も増え、
新しい言葉を覚えようとするので、絵本をたくさん読んであげて
知的好奇心を伸ばすチャンスともいえるでしょう。

 

反面、周囲が使う悪い言葉も覚えてしまいます。

 

悪い言葉を遣ったら直ちに注意が必要です。

 

3歳児はまだ舌足らずで悪い言葉も可愛いと思いがちですが、
使用するときと場所がわからないので、そのままにしておくと
とんだ場面で悪い言葉を発しますので、
可愛いと思わずすぐに使わないように注意するのがコツです。

 

 

身体能力が著しく発達する

3歳児は身体能力の発達が著しい時期でもあります。

 

高いところから飛び降りたり、走ったり、
今まで以上に目が離せなくなります。

 

2歳児と違い、【危ない】ことを認識できるので、
「危ない」と注意した後は、必ず危ない理由を説明してあげましょう。

 

 

自我が芽生える

3歳児は、自分の考えが一層はっきりしてきます。

 

同時に言葉も発達してくるため、反抗的な態度も
表現しやすくなるのです。

 

そのため、親は戸惑ったりイライラさせられたりします。

 

自己主張が強くなるため、つい親が声を荒げても
子供はますます反抗的な態度を強くします。

 

このような際は、親としてイライラする気持ちは十分理解できますが、
親が怒鳴る⇒子供はもっとひどくなることを
理解しておくことがしつけのコツです。

 

 

3歳児は言葉が良く理解できます。

 

ですので、反抗的な時は目線を同じにして(親は座って)
目を見て話をすることです。

 

大きな声で力で押さえつけるような方法では、
子供は納得できません。

 

たとえいっとき大人しくなっても心の中はくすぶり、
同様の場面でまた同じことを繰り返します。

 

それでは良いしつけとは言えません。

 

 

3歳児のしつけのコツまとめ

 

3歳児は言葉を多く学べるようになります。

 

また、自我が芽生え、反抗も強くなります。

 

そのため、親は苦労するのです。

 

しかし、大人の言うことが理解できるようになるのが3歳児。

 

この時期、大人は毅然とした態度でいること、
子供のわがままに振り回されたり、高圧的に叱ったりせず、
ダメな時はその理由を子供の目を見て
しっかり説明してあげること
が、賢いしつけのコツといえるでしょう。