失敗しない幼児教育って教えてください!

幼児教育に関して情報が氾濫しすぎている現代。

 

どれから手を付けていいか、選択に迷いますよね。

 

大切な我が子の幼児教育、どうしたらいいかわかりません。

 

失敗したら取り返しがつかないようでとても心配です。

 

 

 

幼児教育での失敗ってなんでしょう?

 

幼児教育での失敗ってどういうことでしょうか。

 

親としてどうすることが最善の幼児教育なのか?

 

初めての子の場合、親はわからない事や
迷うことばかりですよね。

 

大切な我が子の幼児教育を失敗しないために
真剣に考えましょう。

 

 

幼児教育ってなに?

 

そもそも、幼児教育って何なのでしょう。

 

勉強させること?

 

何のために?

 

幼児教育そのものをよく理解していないまま
突っ走っては失敗のもとです!

 

 

 

幼児教育とは・・?

 

幼児教育というと、習い事を想像するかもしれません。

 

しかし、まず最も大切な幼児教育とは、

 

家庭でのしつけ

 

です!

 

挨拶、整理整頓、譲り合う心、感謝などの礼儀や
社会でのマナー。

 

人として当たり前のことですが、
それらをきちんと過程で学ぶことこそが
幼児教育の原点です。

 

 

幼児教育を失敗しないためのポイントとは?

 

我が子の幼児教育を失敗しないためには
しつけが重要だということをお伝えしました。

 

我が子にしつけする前に一度ご自身を振り返ってください。

 

生活の中で、当たり前にやってしまっていること、
当たり前だが無意識に
できていなくなってしまっていることは
有りませんか?

 

大人になると習慣化してしまい、
できていないことがあります。

 

 

 

親の行動は大丈夫ですか?

 

例えば
朝の家族間の
「おはよう」

 

食事の前後のあいさつ
「いただきます」
「ごちそうさまでした」

 

食事の前に手を洗う

 

脱いだものは自分でたたむ

 

靴は揃える

 

静かにするべき場をわきまえる

 

 

など、数えたらきりがありませんが
親ができていない、していないことを
お子さんに求めても、
お子さんはその場でできても
親がいないところではしません。

 

「親に言われるからする」
という思考になってしまいます。

 

 

 

わが子の幼児教育を失敗しないためには?

 

幼児教育を失敗しないために最も重要なことは

 

勉強や習い事をさせる前に
きちんとしたしつけをすることです。

 

そして、
しつけを子供にする前に
親自体ができているか見直すこと
が肝心です。

 

親ができていないのに子供に強要すると
子供は反発し、自我が出来てくると
いうことを聞きません。

 

子供は親の言うなりになるロボットではなく
ひとりの人格を持ち、親の言動をよく見ています。

 

「自分のまつげは見えない」ということわざがあるように
子供にあーだこーだ言ってイライラする前に
ご自身の行動も見直してみるいいきっかけです。