運動も勉強もできる子供の育て方とは?

 

子供の成績ばかりが気になって、
勉強ばかりさせていては
成績が伸び悩む時期が必ずやって来ます。

 

子どもを勉強はもちろん、頭のいい子に
育てたいのなら、幼児の頃から
たくさん運動をさせることが大変重要です。

 

 

 

子どもの勉強と運動の関係は密接!?

 

勉強と運動の関係は密接だという結果が
文部科学省の調査からもわかっています。

 

文部科学省の「全国学力・学習状況調査」を
「体力・運動能力調査」に重ねてみると、
運動能力が高い子どもは、
学習能力も高い
という結果が出ています。

 

つまり、運動を良くする子供は
勉強の成績も一定以上だということです。

 

そのうえ、勉強の成績が良い子どもほど、
何かしらの運動をしている子どもの割合が高いそうです。

 

 

 

子どもの勉強と運動の関係は幼児の頃から作られる?

 

脳は、運動をすることで、前頭前野が活発に働きます。

 

 

ですので、子供が小さいころから運動をさせることが
脳の発育にも直結してくるのです。

 

・歩けるようになる前からベビーマッサージをする、
手足を良く動かしてあげる。

 

・ハイハイするようになったら、
危ないからと止めることなく
たくさんハイハイさせる。

 

・歩き始めたら、出来るだけたくさん歩かせる。

 

とにかく幼いうちは体を動かして
たっぷり遊ばせてほしい
ものです。

 

運動をたっぷりすれば夜もぐっすり眠ってくれるので
母親は大助かりですよね。

 

 

 

頭のいい子供は運動も勉強も!

 

子供が成長するにつれて、
成績を気にするあまり、
勉強ばかりさせていませんか?

 

 

机に向かって勉強ばかりさせていると
必ず成績が伸び悩む時期がやって来ます。

 

 

そのうえ、運動が足りない子供は
イライラしてキレやすくなります。

 

それは運動不足によって前頭前野の発達が
充分でない子とも考えられます。

 

 

 

運動が脳を活性化させることは、

脳科学の研究で明らかになっています。

 

「スタミナがあってエネルギッシュな人は、
実際に判断力や認知能力においても
優れている人が多いといえます。

 

この相関関係に何ら不思議はなく、
いわば必然なのです」
筑波大学征矢英昭教授、医学博士 ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP)のセンター長

 

 

 

では、具体的にどんな運動が勉強に結び付き、
脳に良いのでしょう。

 

 

脳が活性化する運動とは?

 

筑波大学征矢英昭教授立勧めるのは「有酸素運動」です。

 

「有酸素運動」とは、一定時間にわたって心拍数を上げる運動です。

 

子どもの好きな運動系の遊びといえば

 

追いかけっこ
かくれんぼ
体操
ボール遊び

 

「遊んでばかりいないで勉強しなさい」

 

と言いたくなる気持ちを押さえて

 

「脳を活性化するための遊びなのだ」

 

と思えば、子供が遊ぶ姿も
大きな目で見てあげられますね。

 

 

運動の勉強への影響とは?

 

運動=成績アップ
と、すぐに結果が出るわけではありません。

 

 

しかし、
大阪教育大学教育学部の宍戸隆之准教授は、
毎日、子供たちにマラソンやなわとびなどの運動させました。

 

そしてその直後に算数のテストをやらせました。

 

すると、
その正答率に驚くべき開きがあることが判明したのです。

 

それは、運動せずにテストを受けた場合よりも、
運動したあとのテストの方が、明らかに計算スピードと
正答率が上がったのです。

 

 

 

その理由として、

 

「運動後は脳の血流が増して
集中力や思考力が急激に高まったからだ」

 

と宍戸隆之准教授。

 

運動も勉強もできる子供の育て方 まとめ

 

お子さんのの同級生を見回してください。

 

成績のいい子、頭のいい子ほど、運動もできると感じることは
ありませんか?

 

全ての頭の良い子が運動もできるとは言い切れませんが、
そのような傾向があるのは事実です。