幼児の英語のおもちゃの選び方のポイントとは?効果的なおもちゃとは?

 

幼児の英語の教育。

 

おもちゃを使えば幼児でも簡単に
英語をマスターすることができます。

 

幼児のための英語の人気のおもちゃと、
その選び方のポイントについて解説します。

 

 

幼児の英語のおもちゃにはどんなものがある?

 

幼児うちから英語に慣れさせたいと思う保護者。

 

しかし、保護者が英語に苦手意識を持っていると
子どもも英語に興味を持ちません。

 

そこで、ぜひ活用したいのが
幼児用の英語知育おもちゃです。

 

幼児はおもちゃを使って知らず知らずのうちに
英語をマスターしてしまいます。

 

おもちゃなので、保護者も特別なことをしなくても
いいですし、気軽に英語教育を始められますよね。

 

しかし、幼児の英語のおもちゃはたくさんありますよね。

 

どうやって選んだらいいでしょう。

 

選び方のポイントをまとめました。

 

 

 

幼児の英語のおもちゃの選び方のポイントとは?

 

英語のおもちゃは最近では色々ありますね。

 

おもちゃ売り場だけでなく、本屋さんにもあふれ、
どれを選んでいいのかわかりかねます。

 

もちろん、年齢や子供の発達具合、興味に合わせたもの
を選ぶことがポイントです。

 

下の子も使えるように、と考えるよりも
使わせたい子が興味を持つか
を優先させるべきです。

 

選ぶ際の注意点ですが、
海外製品の場合、説明書も英語だけの場合があります。

 

日本製品は子どもに
なじみのあるキャラクターが出てきたりしますし、
日本製品を選んだほうがいいですね。

 

 

 

幼児の英語のおもちゃの効果的な使い方とは?

 

おもちゃとはいえ、使い方で効果が変わってきます。

 

効果的な使い方のポイント その1.

 

保護者が一緒に遊ぶ。

 

大人が一緒に歌ったり読んであげることで
英語に興味を持ちます。

 

そして、子供が出来たら
オーバーに褒めてあげることです。

 

英語のおもちゃだからといって
日本語に訳してあげなくても
幼児はそのまま理解します。

 

勉強と思わせないことが重要です。

 

効果的な使い方のポイント その2

 

.繰り返させる

 

子どもは気に入ったものは何度でも
繰り返して遊びますよね。

 

保護者が一緒に楽しく遊んであげれば、
このおもちゃは楽しいと認識して
何度も繰り返します。

 

一人でも遊ぶようになります。

 

英語の学習には繰り返し、が重要なのです。
繰り返すことで、記憶に定着するのです。

 

効果的な使い方のポイント その3

 

日常で使う

 

おもちゃの中で出てきた簡単な英語でしたら、
日常で使いましょう。

 

それは記憶を呼び戻すことになり、
アウトプットすることでより脳に記憶として
残ります。

 

色でも、動物でも、挨拶でも、数でも
いくらでもありますよね。

 

 

出来なかったからといって、決して叱らないで、
出来たらほめてあげる、
気軽に行う、嫌がったらしつこくしない。

 

 

幼児の英語のおもちゃまとめ

 

保護者は子供に英語に親しんでもらいために
おもちゃを与えるのだと思います。

 

しかし、決して一生懸命になって
英語を教えないようにしましょう。

 

幼児の年齢では、英語を強制させると
英語嫌いになりかねませんので、
よく注意が必要です。

 

おもちゃを与えて親子で楽しく
英語遊びをしてくださいね。