早期教育は必要か?幼児に習い事は早く始めたほうが効果的?

 

たくさんのことを学び吸収する幼児期。

 

子供が2〜3歳になると、

 

「そろそろ何か習い事をさせたい」

 

と親は考え始めることが多いようです。

 

調査でも、幼児期に習い事をしている子供は
約55パーセントという結果が出ています。
(Learning Park 未就学児の習い事選び2014年 Benesse調査より)

 

幼児期はスポンジが水を吸うかのように様々なことが吸収できるとき。

 

知的好奇心が旺盛で、脳が柔軟だから、といわれています。

 

その時期は様々なことを獲得する絶好の時期です。

 

子どもが小さいときから、さまざまな経験をさせたいと願う親が増え、
幼児教室や早期教育のための中心教育、教材も溢れています。

 

いっぽう、反対に本当に早期教育は必要なのか、
と悩んでいる方も多いでしょう。

 

そこで、早期教育に関心のある保護者のために、
早期教育についてのメリットとデメリットについて、
また、早期教育の選び方などをご紹介します。

 

 

早期教育の注意点とは?

 

早期教育では、保護者の

 

「子どもの将来の可能性を広げてあげたい、
才能をのばしてあげたい」

 

という思いだったり、

 

「周りのお友達が始めたからうちの子も習わせてみようかしら……」

 

というきっかけの場合も、様々でしょう。

 

 

しかし、親の希望だけで幼児期から習い事を始めさせると、
なかなか成果が出なかったりで

 

「本当にこれはうちの子に向いているのかしら?」

 

「この習い事で良かったのかしら?」

 

と悩むこともしばしばです。

 

 

子供が嫌がったりする場合、特にそう感じるのではないでしょうか。

 

 

早期教育ってどうしてマイナスなイメージ?

 

一方、早期の教育というと、イメージとして

 

”子どもたちから自由な時間を奪い、大人が無理やりやらせている”

 

 

このように、早期教育は子供が可哀そう、といった意見も耳にしますが、
必ずしもそうではありません。

 

 

習い事などの早期教育は、
大人が子供が知らない世界を見せ体験させるきっかけを
作ってあげることなのです。

 

そのことで子どもは世界が広がり、好奇心も出てきて、
自分のやりたいことを発見することができるのです。

 

そして、それが進みたい道を見つけることにもつながるのです。

 

 

早期教育によって子どもの可能性と才能を広げ、伸ばしながら、
様々なことに興味を持つ好奇心旺盛な子どもに育てることは
保護者にとって重要な役割です。

 

 

早期教育が必要な理由

 

通信教育や幼児教室など
早期教育のための教材や場は実に多岐にわたっています。

 

 

以前は小学校に入学するまでの幼児には
特に習い事や学習を始める必要はないと言われていました。

 

しかし、幼児期において早期にさまざまな習い事をさせることは、
成長して大人になってもメリットが多いということがわかってきました。

 

最近では習い事を始める年齢が早ければ早いほど、
身につける吸収力も大きいと言われています。

 

オリンピック選手や将棋がいい例ですね。

 

 

早期教育での親の重要な役割とは?

 

早期教育では、幼児は経験や判断力が乏しいため
子ども自身の意思とは関係なく、
保護者などの考え選択で教育を施されます。

 

しかし、子供の意思と関係ないとはいえ、
嫌がる子供を無理強いすることだけはやめましょう。

 

 

早期教育、どれを選ぶかの判断基準とは?

 

まず、早期教育とは言っても、
たくさんありすぎて何の習い事を始めるかの
判断基準は何でしょうか。

 

 

どの習い事を始めるかを考える際に、幼児教室に通おうか、
通信教育で家庭で教材を買おうか、
まずは子供がどう思うかを優先させてあげたいと思うのが親心。

 

しかし、小さい子どもは体験したことが無いものはよくわかりませんし、
判断力もありません。

 

その結果、お友達が行っている、とか、お友達が購入したなど、
周囲の経験者からの情報がきっかけになる場合が多いのです。

 

 

習い事を始めてから合わなかったらどうする?

 

習い事を続けるには本人の意志がとても重要です。

 

「始めたんだから途中で投げ出すべきではない」

 

といった、親の偏った考え方は子供の才能をつぶします。

 

合わないと思ったり、
子供が嫌がるようでしたら辞める決断と勇気も親次第です。